FC2ブログ

おとやん一家の「世界をぐるぐる」 

☆~be master of lifeを目指して~☆

第1回 JGC極楽の旅 バリ島 「番外編 両替について」の巻 

 

今回は両替について書きます。

バリ島の通貨はルピア(「Rp.」と表示されます) になります。為替レートは大体1円=約121ルピア(0.0082とも表示されます)くらいです。(2012年10月19日現在)
但しこの表示、HPや新聞上の表示で実際に両替して受け取るレートは場所によって変わります。

出発前、日本国内で日本円からルピアへの両替ができる銀行などもありますが、レートが極端に悪いのでバリ島に着いてからの両替がいいみたいです。

では、実際はどうかというと両替店の店頭では「JP=110」などと表示されてます。これは1円で110ルピア渡すよ(1000円で110,000ルピア)と言うことです。ですのでこの数字が多いほどレートが良いとなりますね。

P1150245.jpg
街の両替所のレートです。

では実際に私が両替した時のレートをどうぞ。

まず、空港へ着いて最初に行ったシティバンクのATM出金です。
ただこれは両替と言うより入金してあったお金を現地通貨で出金するという事です。またキャッシングではありませんので利子は入ってません。

ATM 500,000ルピアを出金=日本円4,264円 1円=117.26ルピア 但し1回210円の手数料が掛ります。

次が街の両替店で私が変えたレートは1円=122.8ルピアこの時は10,000円札しかなく全部両替するには多いので5,000円だけ両替して5,000円はおつりをもらいました。ただ小さい両替所やお土産やさんがやってるところですとおつりがありませんので注意しましょう。
ちなみに滞在中一番良かったレートは1円=123ルピアでした。

クレジットカードでのレート
レストランの利用 226,335ルピア 円換算1,864となってます。1円=121.42ルピアと言うことですね。

ホテルでのレート 1円=101ルピア

空港の両替所でのレートは確認し忘れました。

クレジットカードは使える店も多くありますが2%~5%位の手数料がかかる場合があります。(Sapやスーパーは2.5%の手数料がかかりました。レストランはかかりませんでした。)
日本円やUS$でも支払えるお店もありますがその時はレートを確認して有利な通貨で支払うのがコツですね。

以上見て見ると街の両替所で交換が一番有利ですね。ただ、あまり小さいとこや変なとこですと誤魔化されたり、別に手数料を取るなどと聞いたことがありますのでその点は注意が必要です。
レートだけ見るのではなく、必要額や場所、安心感などTPOに合わせた両替をするのがいいと思います。

日本から持っていくお金は何がいいかですが、もしUSドルがあれば$25(ビザ代)以上、(スパなどへ行かれる方は表示がUS$の時はUS$が一番有利ですのでその分を)それに日本円は1000円札を多めに持っていきましょう。これは10,000円札ですと、すべて両替すると残ってしまうことがありますのでこまめに両替した方がいいと思います。(但し、手数料がある場合は一回で済ました方が有利です)

最後にバリの空港税は帰りにルピア現金で支払います。こちらは一人150,000ルピアですのでこの分だけは残しておきましょうね。

以上、両替に関してですが、少しでも参考になれば嬉しいです。
但し、この内容は私の経験だけで他にもっと良いレートや方法があるかもしれません。またレートも毎日変わりますし、クレジット会社のレートも各社違っていると思いますので両替は自己責任でお願いしますね。

おまけ
バリ島ではお店によっては税金&サービス料として21%が掛ってきます。(税金は10%でそうです)
比較するときは表示価格にこの税金&サービス料が含まれているか確認をしてくださいね。レストランなどは含まれてないことが多いみたいです。尚、TIPはサービス料を払っているので不要です。それでも気持ちの良いサービスを受けたら渡してもいいですけどね。


ご覧いただき、ありがとうございました。
  ★ランキング参加中です★  
    
よろしければクリック!お願いします
スポンサーサイト



category: 2012/9 第1回修行の旅バリ島

thread: バリ島 - janre: 旅行

tb: 1   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://otoyanguruguru.blog.fc2.com/tb.php/408-079b2d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャカルタ・リラクゼーション・アワー 1/16 ~初動、通貨交換・通信など

5月末に生じた相場の動乱とオプション取引の都合で、自由人も平日の行動に制限があるため、土日を使ってフライトだ。この制約が無ければ数十ドル安いチケットも存在したが、往復18000...

投資一族のブログ | 2013/07/05 21:12

△top